インターステラー

昨日、映画『インターステラー』を見た。

会社の人がけっこう見てて、ある人が「『2001年宇宙の旅』とか『コンタクト』を思い出した」って言ってて、両方とも映画・原作ともに大好きなので「これは劇場で見ておかないと」と見に行った。

映画史に残る名作かと言われたらそうじゃない気もするけど、時間の長さもあいまってか、SF 小説を読み終わったような満足感があってよかった。随所に『2001年宇宙の旅』のオマージュがあったのは個人的にニヤリポイントだった。(「前作のファンならニヤリとする演出」とかって聞くと魔方陣グルグル思い出すな)。IMAX で見たけど『ゼロ・グラビティ』と違って IMAX 必須な感じはしなかった。欲を言えばもっと派手な宇宙のシーンがほしかったなぁ。

最近、技術書とかばっかり読んでるので、じっくり小説でも読みたいなーと常々思ってるんだけど、けっきょく読まないで終わってしまう。遠い昔に読んだけどもうあんまり覚えてないのを読み直したい。今、とりえず読み直したいなぁと思っているのがゴルデルの「カードミステリー」とクラークの「宇宙の旅シリーズ」かな。

 

3001年終局への旅 (ハヤカワ文庫SF)

3001年終局への旅 (ハヤカワ文庫SF)

 
カードミステリー―失われた魔法の島

カードミステリー―失われた魔法の島

 

 

うーん、1ヶ月くらい冬休みほしい…。