Chapter 8 Pragmatic Projects【The Pragmatic Programmer】

The Pragmatic Programmer の Chapter 8. Pragmatic Project を読んだ。内容は次の通り。

  • 41 Pragmatic Teams
  • 42 Ubiquitous Automation
  • 43 Ruthless Testing
  • 44 It’s All Writing
  • 45 Great Expectations
  • 46 Pride and Prejudice

Great Expectation

他人の期待を正しく理解することが非常に重要という話。結局、プロジェクトは誰かの期待に応えられているかどうかで判断されるわけで。

コンサルタント業界では “Expectation Management” なんて言葉もあるようだ。この本では「俺たちはそこまでしろと言ってるわけじゃない。ただ、顧客の期待を正しく理解しよう」と説いている。

Tip 69 Gently Exceed Your Users' Expectation

そして、できればその期待を少しだけ上回ろう。Gently というのはとても絶妙な表現なんじゃないかなと思った。それくらいなら、勘違いしてユーザーの期待から大きく離れてしまうこともないだろうからね。

おわりに

今年の頭くらいから読み始めて、中断して、帰りの電車でちょっとずつ読み進めてよーやく読み終わった。やはり英語の本を読むのは時間がかかる…。

全体を読んだ感想としては、こんなに頑張って読まなくてもよかったかな、という感じ。日本語版をぱらぱらと一週間くらいで読めば十分、という感覚ですね。